L is Bエンジニアブログ

ビジネス用メッセンジャーdirectのエンジニアによるブログ

LisBエンジニアブログ

ビジネスチャットdirectのエンジニアブログ

複数のdaabを異なるNode.jsのバージョンで実行する方法

f:id:nabeyama:20160401153852p:plain

こんにちは、鍋山です。

いつものローカル開発環境では、気楽にNode.jsのバージョンを切り替えてdaabを実行しています。 Node.jsのバージョンの切り替えが楽にできるツールは、nvmやnodebrewなどがあります。

nvmでは、「nvm use 4.0.0」とコマンドを打つことで、Node.js 4.0.0に切り替えられます。 nodebrewでは、「nodebrew use 4.0.0」といったようにどちらも似通った使い方ができます。

では、同環境下で複数のBotを実行する場合に、それぞれで異なるNode.jsのバージョンを使いたい場合にどうしたら良いのでしょう?

今回は、これらのツールを使って、同一環境下で一つのBotをNode.js 4.x.xで実行し、もう一つのBotをNode.js 5.x.xで実行する方法を紹介します。

用意しておくこと

  • nvm or nodebrewのインストール
  • 各バージョンにdaabインストール

nvm or nodebrewのインストール

nvmやnodebrewは利用する環境にインストールする必要があります。 今回の記事では省略させていただきます。

github.com

github.com

各バージョンにdaabインストール(v4.4.2とv5.10.0を使う場合)

各Node.jsのバージョン別にdaabをインストールする必要があります。

nvmの場合

(nvmとnpmは違うものですので、気をつけてください)

Node.jsのバージョン指定インストール

nvm install 4.4.2
nvm install 5.10.0

各バージョンにdaabをインストール

nvm use 4.4.2
npm install -g daab
nvm use 5.10.0
npm install -g daab

nodebrewの場合

Node.jsのバージョン指定インストール

nodebrew install-binary v4.4.2
nodebrew install-binary v5.10.0

各バージョンにdaabをインストール

nodebrew use v4.4.2
npm install -g daab
nodebrew use v5.10.0
npm install -g daab

※インストール時のバージョン指定記述方法はいくつか種類があります。

バージョンを指定してdaabを実行する方法

nvmの場合

// 一つ目のプロジェクトディレクトリにて
nvm exec 4.4.2 daab start

// 二つ目のプロジェクトディレクトリにて
nvm exec 5.10.0 daab start -d

nodebrewの場合

// 一つ目のプロジェクトディレクトリにて
nodebrew exec 4.4.2 -- daab start

// 二つ目のプロジェクトディレクトリにて
nodebrew exec 5.10.0 -- daab start -d

これで複数のdaabを異なるNode.jsのバージョンを使用して実行することが可能になります。