L is Bエンジニアブログ

ビジネス用メッセンジャーdirectのエンジニアによるブログ

LisBエンジニアブログ

ビジネスチャットdirectのエンジニアブログ

fastlaneとBitriseでiOSアプリのCI始めました

iOSアプリを開発している吉岡です。少し前にdaabを使ったチャットボットのハッカソン会場にお邪魔してチャットボット開発の雰囲気を楽しんだりしているこの頃です。

はじめに

directというサービスのiOSアプリをビルドするためにfastlaneを使用しています。しかしいままではずっと開発者のマシンで実行していて、ビルドにリソースがとられて他の作業ができないなどの問題をかかえていたのでCIサービスでビルドできるようにしました。ついでにPull Requestと連携したテストを実行するようにもしました。ベストプラクティスでは無いかもしれませんが、実際の現場でCIを導入した例として参考にしていただければと思います。

続きを読む

連絡ツールの枠を越え、directを活用したチャットボットハッカソンに発展

2017年6月10日~11日、directをご利用いただいている専修大学ネットワーク情報学部にて、direct上で動作するチャットボットのハッカソンが開催されました。 今回はその様子をご紹介します。

f:id:AKNz:20170629151835j:plainf:id:AKNz:20170629151828j:plain

続きを読む

daab sdk 0.1.26 バージョンアップのおしらせ

daab をご利用いただきありがとうございます。

この度、以下の内容で daab sdk をバージョンアップいたしました。

  • 端末制限に対応。
  • メールアドレスを利用しないアカウントに対応。
  • その他、不具合修正。

更新は必須ではありません。更新しない場合は、これまで通りご利用いただけます。

続きを読む

社内LT大会を開催しました!

はじめに

こんにちは、弊社サービスの direct のサーバーサイドの開発を担当しております飯田と申します。この度、初めて L is B のエンジニアブログを書かせて頂きます。よろしくお願いします。

(実は以前、何故か僕の一日が紹介されたこともあります…)

blog.lisb.direct

さて、先月の4/4(火)に社内で LT 大会を開催しました。 今回はその時の様子をご紹介したいと思います。

続きを読む

お弁当注文ボットを作成してみました。

最近、L is Bのボットエンジニアになった宮下です。

L is Bでは毎日、お弁当を注文しているのですが、その注文作業を自動化したいという要望がありました。 そこで、今回「毎日お弁当の注文を取ってくれるボット」を作成してみました。

続きを読む

ビジネス用チャットボットを作る上で大切にしたいと思う3つのこと

お久しぶりです。鍋山です。

しばらくの間、これまでになかった規模のボット開発に関わっていました。
昨年はボット開発しかしておらず、一年間を通してボット開発づくしでした。
今年もビジネス用のチャットボットの案件は増大しており、ますます多忙になりそうです。

 

振り返れば一年半もの間、ボット開発において経験を積んできました。
開発者のアイデアが必要な場面であったり、顧客のニーズに沿った機能を備えたりと、調整と開発を繰り返すような進め方が多くありました。

そんな中でビジネス用のチャットボット開発において大切にしたいなあ、と感じたこと直面したことがありました。
それらをまとめて3つに絞ってみましたので、紹介したいと思います。

 

続きを読む

daab sdk 0.1.25 バージョンアップのおしらせ

daab をご利用いただきありがとうございます。

この度、以下の内容で daab sdk をバージョンアップいたしました。

  • アクションスタンプの返信・締め切り・情報取得に対応しました。
  • メッセージ送信イベント(onsend)を記載しました。
  • 未読・既読イベント(onread)の仕様を変更しました。
  • その他、不具合修正。

更新は必須ではありません。更新しない場合は、これまで通りご利用いただけます。

続きを読む

daab sdk バージョンアップのおしらせ

daab をご利用いただきありがとうございます。

この度、以下の内容で daab sdk をバージョンアップいたしました。

  • direct サーバのアップデートに追従しました。
  • daab コマンド/テンプレートが Windows に対応しました。
  • daab コマンドがプロキシに対応しました。
  • その他、不具合修正。

更新は必須ではありません。更新しない場合は、これまで通りご利用いただけます。

続きを読む

NASAも使っている!OSSのRethinkDBをbotから使ってみた

f:id:nabeyama:20160523113621p:plain

お久しぶりです。鍋山です。

 

今回はNASAでも使われているらしい、RethinkDBhttps://rethinkdb.com/)をbotを経由して使ってみました!

RethinkDBのブログにNASAでのユースケースの記事があり、Google翻訳を使って読んでみました。

One small step for the Thinker: A case study of RethinkDB at NASA - RethinkDB

宇宙遊泳やらISSやら厳かなキーワードがあるあたりに、とてもすごいプロジェクトで使われているのかな・・・とドキドキしました。

 

hubotのデータストアの標準には、robot.brainを経由して利用するRedisがあります。
これをRethinkDBというOSSを代わりに使えないかと思い、簡単なbot開発を行いつつ利用してみました。

続きを読む